超悪玉コレステロール 肥満はやっぱり悪い

超悪玉コレステロール 肥満はやっぱり悪い

コレステロール自体に害があるわけではない

地中海食の研究によって、高コレステロールと心臓病の発生率に相関関係があることが分かった。

 

そして脂肪や油には、コレステロール値を上げるものとコレステロール値を下げるモノがある、…と言うことが分かってきた。

 

またコレステロールの研究が進むにつれて、問題はコレステロール自体ではなく、コレステロールを全身に届けるための「リポタンパク」の種類が問題だと分かってきた。

 

リポタンパクというのは、簡単に言うと、脂肪がタンパク質と結合したもので、コレステロールを運ぶための入れ物である。

 

というのも「水と油」というように、脂肪やコレステロールは水に溶けないので、そのまま血液中に流しても血管にへばりついてしまう。

 

だから脂肪やコレステロールを運ぶために、リポタンパクという小包に入れて送るわけだ。

 

脂肪やコレステロールを運ぶリポタンパクには、いくつか種類があるのだが、問題になるのは、「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」である。

 

というのもこの2つは相反する働きのリポタンパクで、LDLコレステロールは、肝臓から全身の細胞へコレステロールを運び、HDLコレステロールは、全身の細胞から肝臓へコレステロールを運ぶ。

 

一般的に、LDLコレステロール値が高いと、心筋梗塞などの心臓病や動脈硬化のリスクが高まる

 

なのでLDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれる。

 

ただしLDLコレステロール値がさほど高くなくても、血糖値が高かったり、中性脂肪が多いと、超悪玉コレステロールが発生し、心筋梗塞などのリスクが高くなることがある。

 



超悪玉コレステロール 糖尿病と動脈硬化の関係

心臓病や動脈硬化には、血中コレステロール値が関係していて、LDLコレステロールが高いとリスクが高まる

 

LDLコレステロールとは、水に溶けない中性脂肪やコレステロールを肝臓から全身の細胞に送る小包なのだが、これが多いと動脈硬化も起こりやすい。

 

なのでLDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれるようになった。

 

一方、HDLコレステロールとは、末端から中性脂肪やコレステロールを肝臓へ送り返す小包で、これが多いと動脈硬化のリスクが下がるため「善玉コレステロール」と呼ばれるようになった。

 

ところが近年、LDLコレステロール値が標準値でありながら、心臓病や動脈硬化を発症するケースが多々あることが分かり、よりリスクの高い「小型LDLコレステロール」(sdLDL-C)が発見された。

 

これは、肥満や糖尿病を持った人に多くて、小型であるために酸化されやすく、動脈の小さな傷にも入り込みやすい。

 

そのため、通常のLDLよりもリスクが3倍にもなるといい、「超悪玉コレステロール」と呼ばれる。

 

超悪玉コレステロールがなぜ生まれるのかは、まだよく分かっていないのだが、傾向としては

  • 狭心症や心筋梗塞を起こしたことがある人
  • 中性脂肪値が高い人
  • 血糖値が高い人
  • 血圧が高い人
  • 肥満(とくに内臓脂肪型肥満)の人
に多いという。

 

つまり、心臓病や動脈硬化を予防するには、血糖値の管理と、肥満に注意する必要があるってことらしい。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る