日本人の死因の推移 日本の女は何で死ぬ?

日本人の死因の推移 日本の女は何で死ぬ?

死因の推移とガンの内訳

死因の考察、日本人女性編。

 

日本人女性の死因の1位は、男性と同じく悪性新生物(ガン)だ。

 

2位3位4位は

  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血)
  • 呼吸器疾患(肺炎・流感)
  • 心疾患(心筋梗塞などの心臓病)
の3つだ。

 

死亡者数の推移グラフはこちら。

 

死因別死亡者数の推移(日本・女性)
死因別死亡者数の推移(日本・女性)構成比の推移はこちら。

 

死因の構成比の推移(日本・女性)
死因の構成比の推移(日本・女性)これを見ると、ガン・心臓病・脳卒中・肺炎の4つの死因が日本人女性のなんと7割を占めていて、長生きするとまあこのどれかで死ぬってことらしいね。

 

推移を見ると、50年前は多かった脳卒中がかなり減ってきていて、代わりに肺炎などの呼吸器疾患で死ぬ人の割合が増えている。

 

これは色んな説があって、一つは老人のタンパク質の摂取量が少なすぎて、免疫力が弱っていること。

 

いわゆる「低栄養」の問題だ。

 



女性に多いタンパク質不足

栄養学で栄養と言えば、まずタンパク質のことだ。

 

タンパク質を十分に取らないと、人間の身体はうまく動かないようにできているので、まずタンパク質をしっかり摂ることが栄養の基本だ。

 

ところが我々日本人はどういうわけだか、主食を米にするという間違いをしてしまって、米と大豆製品を中心に置いてしまったために、年を取って食が細くなると、途端にタンパク質不足に陥ることになってしまっていたのだ。

 

江戸時代の日本人が、一番貧弱だった?!タンパク質不足が一週間も続くと、免疫力は半分以下になってしまうので、肺炎で死ぬ人が増えるというのも、もっともな話だ。

 

女性の場合は、旦那と死に別れたりして一人暮らしになり、他人のために食事を作らなくなると危険らしい

 

それまでは子供や旦那のために、タンパク質の多いボリウムのある食事を作っていたが、一人になってしまうと面倒くさくなってしまって手を抜き、それがタンパク質不足になる一つの原因らしい。

 

タンパク質などの栄養をしっかり摂るには、豆乳などの大豆製品を毎日食べ、スライスチーズなどの高タンパク食品を、おやつ代わりに食べるようにしておれば、トンカツなど無理に食べなくても補充できる。

 

しかしタンパク質を充分摂っていても、性ホルモンの分泌量が減るために、侵入したウイルスに反応できないこともある。

 

これも以前、書いたね。

 

年を取ると免疫力が落ちるわけただ、年齢別人口を調整して比較した標準化死亡率を見ると、ガンや肺炎で死ぬ人が増えているのは、高齢化の影響が非常に大きいことが分かる。

 

日本の標準化死亡率の推移(女性)
日本の標準化死亡率の推移(女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る