日本人の死因の推移 日本の男は何で死ぬ?

日本人の死因の推移 日本の男は何で死ぬ?

日本人の死因の推移 男性

我々日本人は、一体何で死ぬのだろう。

 

年を取ったらどういう死に方をするのだろう。

 

それを考えるために、日本人の死因についていろいろ考えていくことにする。

 

最初は日本人の死因とその推移を、OECDの統計から拾ってグラフを作ってみた。

 

これを見ると、1960年(昭和35年)から、2010年(平成22年)までの50年間で、死因の構成比がかなり違うことが分かる。

 

死因の構成の推移(日本・男性)
日本人男性の死因の構成比50年前は、ガンで死ぬ人は今の半分くらいで、脳卒中で死ぬ人が多かった。

 

ところが今は、ガンで死ぬ人が多くなり、肺炎で死ぬ人が増えた

 

実数のグラフがこちら。

 

死亡者数の推移(日本・男性)
日本人男性の死因の推移これを見ると、ガンの伸びと肺炎の伸びがもの凄いね。

 

あとでガン別の死亡者数も見るが、ガンの中でも肺ガンが増えていて、肺のトラブルで死ぬ人が増えているようだ。

 

肺炎と肺ガンは、原因が全然違うのだが、それでも肺を健康に保つというのは、重要な視点だろうな。

 



低栄養は、血管を弱くする

かつて脳卒中で死ぬ人が多かったのは、日本人の血管が薄くて破れやすかったからだ、…なんていう人もいるが、栄養状態が良くなったせいなのは確かだろう。

 

昭和30年代というと、家庭で油を使った料理が流行だし、とんかつなどの揚げ物や、中華料理を家で作るようになった頃だ。

 

この頃から日本人の食生活は大きく変わったと言われていて、身体を作る二大栄養素のタンパク質と脂肪の摂取量が増えた。

 

体格も良くなって、平均身長も江戸時代より10センチも伸びた。

 

日本人の体格は、意外なことに江戸時代が一番貧弱で、おそらく稲作などが広まって穀物食中心になったせいだろう。

 

子供の頃にタンパク質不足になっているため体格が悪く、平均身長も150センチ台だったと考えられている。

 

その頃に、アメリカ人にあったわけだから、ホントに大男たちに見えたんだろうね。

 

ただその一方で、呼吸系の病気(肺炎、インフルエンザ)で死ぬ人の割合が増えているのは、ちょっと解せない。

 

そこで年齢別人口を一定に調整した標準化死亡率の推移をみる。

 

日本の標準化死亡率の推移(男性)
日本の標準化死亡率の推移(男性)これを見ると、ガン死や肺炎死が伸びている直接的な原因は、高齢化だってことだな。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る