アルツハイマー病 知識が欠落していく病気

アルツハイマー病 知識が欠落していく病気

アルツハイマー病とは?

アルツハイマー病とは、ドイツの精神科医アルツハイマーが、百年ほど前に発表した症状だ。

 

アメリカのレーガン元大統領や、イギリスのサッチャー元首相などが患った病気としてもよく知られている。

 

認知症というのは、簡単に言うと、ちゃんと働いていた脳が、何かの原因で、ちゃんと動かなくなる病気だ。

 

認知症には、脳血管性認知症、前頭側頭変性型認知症、レビー小体型認知症(パーキンソン病)など様々なタイプがあるのだが、一番多いのがアルツハイマー病だ。

 

アルツハイマー病では、記憶を司る海馬という部分が壊れ、神経細胞がジワジワと死んでいく。

 

そのため記憶が丸ごと無くなってしまう。

 

老化に伴う物忘れは一時的なモノで、何かの拍子にまた思い出すことも多い。

 

しかしアルツハイマー病の場合は、記憶していた細胞が死んでしまうので、思い出そうとしても全く思い出せない。

 

そして毎日当たり前のようにやっていたことも、すっかりやり方を忘れてしまったり、途中で分からなくなってしまったりする

 

会話の途中で言葉が見つからず、話すのを止めてしまったり、「腕時計」など、ごく普通の単語も思い出せなくなったりする。

 

このアルツハイマー病型認知症が近年、急激に患者数を増やしている。

 

ということでまず、アルツハイマー病が含まれる神経系疾患(アルツハイマーやパーキンソン病)の死亡者数の推移グラフだ。

 

神経系疾患(アルツハイマー病など)による死亡者の推移と国際比較
神経系疾患(アルツハイマー病など)による死亡者の推移と国際比較・男性神経系疾患(アルツハイマー病など)による死亡者の推移と国際比較・女性このグラフだけを見ると、アルツハイマー病は、アメリカで爆発的に増えているように見えるが、標準化死亡率で見ると、アメリカだけの問題じゃないことが分かる。

 



アルツハイマー病の予防

アルツハイマー病の特徴は、覚えていたことが全く思い出せなくなると言うことだ。

 

自分でプランを立てても、その通りに実行することが難しく、数字を扱うのもうまくいかなくなっていく。

 

時刻や場所と言ったものが分からなくなり、現在時刻や現在位置が分からなくなったりもする。

 

視覚情報にも混乱が起こり、自分が映っている鏡を見ても、誰か別の人だと思い込んだりすることもある。

 

アルツハイマー病とはつまり、子供の頃から学んできた、様々な知識がどんどん失われていく病気であり、脳の退行性変性疾患(退化)であるというわけだ。

 

アルツハイマー病を予防するには、

  • 魚(EPA・DHAなどの脂肪酸)の摂取
  • 野菜果物(ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなど)の摂取
  • 赤ワイン(ポリフェノール)の摂取
などが有効とされている。

 

またココナッツオイルに多く含まれる、中鎖脂肪酸という油が、脳細胞の死滅を防ぐとも言われている。

 

疫学的には、1日に1回以上魚を食べている人と、ほとんど魚を食べない人を比べると、毎日魚を食べる人は、発症リスクが約5分の1になるらしい。

 

また散歩よりも強い運動(有酸素運動)を週3回以上している者は、全く運動しない者と比べてアルツハイマー病のリスクが半分に減るという。

 

これを見ると、イタリアやフランス、スペインなどのいわゆる「地中海食国」の発症率が低くなりそうなもんだが、標準化死亡率をみると、そうでもない。

 

神経系疾患 標準化死亡率の推移と国際比較
標準化死亡率の推移と国際比較(男性)標準化死亡率の推移と国際比較(女性)一方、日本のこの死亡率の低さは、原因がよく分かっていない。

 

死因の診断基準が欧米と異なるので、アルツハイマー病での死亡率が異常に低くカウントされている可能性もある。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る