死因の分類(OECD統計の見方)ICD−10

死因の分類(OECD統計の見方)ICD−10

疾病の分類 ICD-10 概略

さて、これから死因について調べていくわけだが、どういう風に分類されているかをまとめておく。

 

参照するOECD統計の死因分類は、WHOが定めた分類法 ICD-10に準じている。

 

疾病の分類はチャプター21まであるが、われわれ年寄りに関係ある死因は、この中の10個くらいだな。

 

[1]Certain infectious and parasitic diseases
感染症・寄生虫症」コレラや腸チフス、赤痢、食中毒、ペスト、梅毒、破傷風など、伝染性の最近による死に至る病気などのこと。

 

エイズもこのカテゴリーに入る。

 

[2]Neoplasms
新生物」悪性新生物、つまりガン
[3]Diseases of the blood and blood-forming organs and certain disorders involving the immune mechanism
血液・造血器疾患および免疫機能障害」貧血(赤血球)や白血球、免疫異常など
[4]Endocrine, nutritional and metabolic diseases
内分泌・栄養・代謝疾患」甲状腺障害、糖尿病、栄養失調、肥満、代謝異常(栄養をうまく利用できない)など
[5]Mental and behavioral disorders
精神および行動の障害」アルコール中毒、麻薬中毒、認知症、統合失調症、妄想性障害など
[6]Diseases of the nervous system
神経系の疾患」アルツハイマー病、パーキンソン病、髄膜炎、脳炎、骨髄炎、てんかんなど。

 

[7]Diseases of the eye and adnexa
目の病気
[8]Diseases of the ear and mastoid process
耳の病気
[9]Diseases of the circulatory system
循環器系疾患」虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞)、脳血管疾患、いわゆる脳卒中(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)、リウマチ熱など
[10]Diseases of the respiratory system
呼吸器系疾患」インフルエンザ、肺炎、その他の風邪など

スポンサードリンク

疾病の分類 ICD-10 概略つづき

[11]Diseases of the digestive system
消化器系疾患」口腔(歯やノド)、食道炎、胃や十二指腸の病気、腸炎・大腸炎、潰瘍、虫垂炎、ヘルニア、肛門の病気、腹膜炎、肝炎、胆嚢炎など
[12]Diseases of the skin and subcutaneous tissue
皮膚・皮下組織疾患」じんましん、アトピー性皮膚炎など
[13]Diseases of the musculoskeletal system and connective tissue
筋骨格系・結合組織疾患」関節障害、脊椎障害など
[14]Diseases of the genitourinary system
腎尿路生殖器系疾患」腎炎、ネフローゼ、腎不全、尿路結石、膀胱炎、前立腺炎、卵巣炎、女性器と骨盤の病気など。

 

(ガンは除く)

[15]Pregnancy, childbirth and the puerperium
妊娠・分娩・産褥(さんじょく)の合併症」流産、妊娠中の腎尿路性器感染症、妊娠中の糖尿病、分娩中・産じょくに伴う症状
[16]Certain conditions originating in the perinatal period
周産期疾患」生まれてくる新生児に関する疾病。

 

周産期(しゅうさんき)とは、妊娠22週から出生後7日未満の時期。

 

[17]Congenital malformations, deformations and chromosomal abnormalities
先天奇形、変形および染色体異常
[18]Symptoms, signs and abnormal clinical and laboratory findings, not elsewhere classified
症状・徴候・異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの」原因不明、死因が特定できない。

 

年寄りの場合は「老衰」

[19]Injury, poisoning and certain other consequences of external causes
損傷、中毒およびその他の外因の影響」ケガや中毒
[20]External causes of morbidity
傷病および死亡の外因」事故(交通事故、転落など)、故意の自傷や自殺
[21]Factors influencing health status and contact with health services
「健康状態に影響を及ぼす要因および保健サービスの利用」

スポンサードリンク

身体の悩み 教材人気ランキング 

★第1位★視力回復★たったの13分でよくなる視力回復法自宅トレーニングセット/メールサポート付

★第2位★障害★知識があれば軽くできる!大人のアスペルガーADHD改善マニュアル

★第3位★腰痛★「福辻式」で腰痛軽減!腰痛改善ストレッチ

★第4位★女性薄毛★サイエ式女性の育毛発毛プログラム

★第5位★1日30分、薬に頼らず改善自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★第6位★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

美容・バストアップ 人気プログラム

★第1位★バストアップ★最新版!皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修ヒラクアップ

★第2位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第3位★【殿堂入り】日本一売れたバストアップDVD、大澤美樹片手間バストアップ

★第4位★二重まぶた★女性も男性も1日10分!イケてる自然な二重まぶた法

★第5位★小顔★男も女も瞬間!!鼻が高くなる&小顔に輪郭小顔矯正法

脚やせ・ダイエット 人気プログラム

★第1位★脚やせ★1日2分!読者モデルもマイナス5cm、大澤美樹のスリムレッグラボ

★第2位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第3位★男には男のダイエット日本人男性専用トレーニング

★第3位★若返り★1日3秒で20歳若返るスローストレッチダウンエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加