大腸ガン 性差が小さなガン

大腸ガンは、ここ50年で増加したガンだ。

 

大腸ガンとは、大腸にできるガンで、できる場所によって盲腸ガン、結腸ガン、直腸ガンなどと呼ばれる。

 

日本では毎年、男女ともに約2万人の人が、大腸のガンで亡くなっている

 

2010年のOECDデータでは、男性が24,125人で、女性が20,495人。

 

男性が女性と比べて2割ほど多いが、他の種類のガンでは2倍近く違うことが多いので、大腸ガンは、比較的性差の少ないガンと言うことだ。

 

ガン死の内訳と推移(日本)
ガン死の内訳と推移(日本 男性)ガン死の内訳と推移(日本 女性)大腸ガンの原因は、色んな要素があって、よく分かっていない。

 

タバコやアルコールはリスクを高めるし、食物繊維は大腸ガンのリスクを下げる。

 

乳がんや子宮ガンの既往症がある女性は、大腸ガンになりやすいとか言う報告もある。

 



大腸ガン死亡率の国際比較

大腸ガンは、日本では増えているガンだが、諸外国ではどんな具合なのか。

 

OECD統計の標準化死亡率を、グラフ化して比較してみた。

 

標準化死亡率とは、年齢別の人口などを考慮した比較のための物差しで、年齢構成が同じ10万人の国だったら…という指数だ。

 

大腸ガン 標準化死亡率の推移と国際比較(男性)
大腸ガン 標準化死亡率の推移と国際比較(男性)このグラフによると、日本では大腸ガン死が増えているが、欧米諸国では大腸ガンによる死亡が減る傾向にあるようだ。

 

実数では日本の大腸ガン死亡者数は増加中だが、標準化死亡率の方は1995年頃がピークになっていて、欧米諸国と同じ範囲に入っている。

 

要するに、日本で大腸ガンで死ぬ人が増えているのは、高齢化のせいであって、欧米諸国と大差はないと言うことらしい。

 

大腸ガン 標準化死亡率の推移と国際比較(女性)
大腸ガン 標準化死亡率の推移と国際比較(女性)
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加