バナナやジャガイモだって放射能がある

バナナやジャガイモだって放射能がある

放射能を出す物質は、身の回りにたくさんある

ある食品添加物が、安全かどうか。

 

こういう場合、たいていの人は、危険か安全かという二分法でモノを考える。

 

そして少しでもリスクがあれば、危険だ危険だと大騒ぎする。

 

しかし科学的には、そんな単純な判断はせず、「どの程度危険なのか?」という風にオーダー(単位)で考える。

 

というのも科学的には世の中には、100%安全なモノも100%危険な物も存在せず、「全ては量の問題」だと考えるからだ。

 

たとえば放射能が危険だ、と言っても、世の中には放射線を出す物質なんてごまんとある。

 

たとえば温泉が熱いのは地中にあるマグマのせいだが、マグマが熱いのはマントルにある放射性物質のせいだ。

 

だから温泉地で放射線量を量れば、たいてい放射線量が高くなっている。

 

というのも地下から出てきた岩に、放射性物質がたくさん含まれているからだ。

 

難病の湯治場として有名な秋田県の玉川温泉などは、酸性湯と放射線がキツいことで有名で、電化製品などは2ヶ月もたつと錆びて使えなくなる。

 

放射線もビュービュー飛び交っていて、岩盤浴で年間20ミリシーベルトも被曝する計算になるという。

 

浴びても良いとされている人工放射線量は、1年間で1ミリシーベルトまでとされているので、年間20ミリシーベルトの温泉地に、わざわざ出かけるなんて、なんか凄い話だね。

 


スポンサードリンク

野菜や果物を食べれば放射能もついてくる

放射能や放射性物質は、身の回りの至る所にあるし、食品にもたくさん含まれている

 

福島第一原発が事故を起こし、大量の放射性物質がばらまかれてしまい、一種のパニック状態になったが、放射能・放射性物質は毒ではない。

 

もちろん、シーベルト単位の大量に放射線を浴びると即死や1週間以内に死ぬ「腸死」に至るが、ミリシーベルト単位なら死には至らない。

 

毒性のあるプルトニウムや、ラドンなどを吸い込むと、肺ガンのリスクが高まることが分かってるが、毎日でなければ発がんリスクが多少高まるだけだ。

 

放射性物質は、時間がたつにつれて崩壊して減って行くし、半減期が数十万年という物質は、逆に安定した物質でもある。

 

またカリウムの0.01%が放射性カリウムで、野菜や果物には、もれなく放射能・放射性物質が入っている。

 

カリウムは、野菜や果物を育てるための肥料に使われるが、カリ肥料に放射線測定器を向けるとちゃんと反応する。

 

たとえばバナナは、毎日1本食べると、年間で36マイクロシーベルトの内部被曝が起こる計算だ。

 

トマトやジャガイモなどもカリウムが多く、我々は食事から、4,000から6,000ベクレルくらいの放射能・放射性物質を毎日摂っているのだ。

 

因みに4,000ベクレルというのは、一秒間に約4,000コの放射性物質が崩壊(破裂)して電子が飛んでいるということで、その程度なら何の問題も無いということになる。

 

結局、安全な食品というのは、害がある成分を含んでいても、身体が対応できる程度なら良いというわけだ。

 


スポンサードリンク

美容・身体の悩み 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第2位★バストアップ★皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修!ヒラクアップ

★第3位★糖尿病★食事だけで血糖値を下げる!藤城式食事法DVD

★第4位★視力回復★1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

★第5位★高血圧★食事だけで血圧を下げる!藤城式食事法

★第6位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第7位★バストアップ★いつでも、どこでも!大澤美樹『バストアップラボ』

★第8位★脚やせ◆1日2分!読者モデルもマイナス5cm大澤美樹『スリムレッグラボ』

★第9位★若返り★1日3秒!2か月20歳若返る新メソッドスローストレッチ

様々な身体の悩み 改善プログラム

★自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★アスペルガー、ADHD、発達障害改善マニュアル

★女性薄毛★サイエ式・女性の育毛発毛プログラム

★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加