暑さ寒さも、風や砂埃も、恋愛もストレス

暑さ寒さも、風や砂埃も、恋愛もストレス

暑さ寒さも、風や砂埃も、恋愛もストレス

ストレス反応とは、外からの刺激に対する、共通した反応のことである

 

ストレスを引き起こす原因には、物理的な原因・化学的な原因・生理的な原因・心理的な原因など非常に様々な原因がある。

 

ところがこれらに対する反応はどれも同じで、それをカナダの心理学者ハンス・セリエは、3段階のレベルに分けて説明した。

 

それが

  1. 「警告反応期(ショック相・抗ショック相)」
  2. 「抵抗期」
  3. 「疲労困憊期(ひはい期)」
というものだ。

 

これらは全身に現れる一般的な反応という意味で「汎適応症候群」と呼ばれる。

 

この反応は、後に行くほど心身のダメージが大きく、第3段階では致命的になる

 

なのでいかに早い段階で、ストレスを克服したりストレスを発散するかが重要にだろう。

 

というのもストレスを甘く見て油断しているうちに、あっと言う間に疲労困憊期に入って、自殺や過労死などにもつながってしまうからだ。

 

前にも書いたが、ストレスを受けたときに分泌されるコルチゾールは、脳の「海馬」という器官の神経細胞を破壊してしまう。

 

強いストレスを受け続けて発症するPTSDや、重度のうつ病患者の海馬は萎縮しているそうだが、これはコルチゾールによって脳が壊されていたのだった。

 

ただし、ストレス自体が悪いとは限らない。

 

というのもストレス反応とは、外界の変化に適応するための反応であって、我々の身体に絶対に必要な仕組みでもあるからだ。

 

気温の変化もストレスだし、風や砂埃もストレスだし、実は恋愛だってストレスで、問題なのは、ストレスにうまく適応できないと言うことなのだ。

 



良いストレスと悪いストレス

ストレス反応とは、外界の変化に適応する反応で、生物が生きていくのに必要な反応だ。

 

たとえば暑さ寒さもストレスだし、風や砂埃もストレッサー(ストレスの原因)になる。

 

学校や会社でのプレゼン発表や、スポーツや競技の試合もストレッサーであり、なんと恋愛ですらもストレッサーなのだ。

 

恋心を抱いた相手を見るとドキドキしたり、失恋して身体に力が入らなくなったりするのも、通常のストレス反応なのである。

 

なのでストレッサー自体に善し悪しはない。

 

ただストレスを心地よい緊張感や、「自分に与えられた試練」と捉えるか、それとも不安心理や頭痛を引き起こす「自分をいじめる相手」と捉えるかという違いだけだという。

 

もちろん命に関わるような強烈なストレスや、負のストレスが長期間にわたって続くことは大問題だ。

 

しかし長期間続くストレスは心理的な要因が大きく、物事のとらえ方が問題なのだという。

 

ストレスが苦痛になってしまう原因は、ストレスに前向きに対処できないことであって、戦うことも逃げることもできない「ジレンマ(板挟み」)が続くからである。

 

このような「ジレンマ」という状態が続くと、頭痛や胃痛、精神的な欲求不満や不安、抑うつ症状やアレルギーなどがでて、潰瘍ができたり心臓病のリスクも高まる。

 

ストレスが続くと免疫力が低下し、ガンや老化も進むことが分かっている。

 

年を取ると性ホルモンの分泌量が減り、ただでさえ免疫力が落ち、自分自身を守るホルモンも減ってしまうので、年寄りにとってストレスは大敵である。

 

そのため、ストレスが続く状況から、一日でも早く脱出しなければいけない。

 

年寄りこそストレスで心身が壊されないように、ストレス解消スキルを身につけねばならないわけだ

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る