目と身体を動かさない生活は、ボケる。

目と身体を動かさない生活は、ボケる。

前頭葉の働きは、目に出る

ボケている人は、目が動かさないという。

 

脳の前頭葉というのは、レーダーの司令部のようなところで、周囲の変化に敏感に反応して、それに適切に対応しようとする。

 

そのため、前頭葉が動いている人は、目をキョロキョロ動かすだけでなく、耳や鼻など、五官を総動員して、様々な情報を集めようとする。

 

そして新たに集めた情報と、自分が以前から持っている情報を、比較検討して判断するわけだ。

 

一方、重いボケ症状の患者さんは、前頭葉の働きが鈍く、目が動かない

 

目が動いていないときは、おそらく耳や鼻なども動いていない。

 

これは周囲の状況や変化に、注意を払っていないと言うことらしい。

 

そして周囲の変化に気づかないために、さらにまた前頭葉の活動が鈍くなり、ボケが進むという悪循環に陥っている。

 

普通の病気なら、休むことが重要で、体調が悪ければとにかく休めば良いのだが、ボケで「なんか調子が悪い」と思って休むと、休んだことで、さらにボケが進んでしまう。

 

ボケというのは、酔っ払って、羞恥心や自制心がなくなるのと似た症状だが、ボケは酒とは違って、休んでも治らない。

 

酔っ払いは酔いが醒めると正常に戻るが、ボケ症状は休んでも治らないどころか、休めば休むほど、さらに働きが悪くなるのだ。

 

目が疲れた、頭が疲れた、と思って、ちょっとくらい休むのは必要だけど、一日中寝ていたからと言って、頭は冴えて困るということはない。

 

それよりも、外に出て散歩をするとか、買い物に出かけるとか、旅行に行くとか、身体と五官をフルに動かした後、ぐっすりと寝る方が頭には良い。

 



目や身体を動かさないと、前頭葉は衰える

頭がぼけている人は、目が動かない

 

前頭葉の働きが鈍い人は、自発的に活動しようとしないので、目を動かす必要性を感じていない。

 

それがまたボケを進行させるという悪循環に陥っている。

 

というのも我々は目を動かすと同時に、耳や鼻などを総動員して、多種多様な情報を集めている。

 

そしてそれを元に様々な判断をし、会話したり決断を下したりする。

 

これを行うのが前頭葉の機能だ。

 

ところが前頭葉は使わないと、血流が減って能力が落ちてしまう

 

筋肉は使わないと弱くなってしまうが、脳の機能も筋肉と同じように、使わないと血の流れが悪くなり、血管も細くなって衰えていくのだ。

 

そのため、一日中、テレビをみたり、毎日、何時間もパソコンに向かって作業するような生活が続くと、前頭葉の能力が徐々に衰えてくる。

 

テレビを見て過ごしているだけの年寄りが、なぜ早くボケてしまうかというと、前頭葉を殆ど使っていないかららしい。

 

テレビもパソコンのモニターも、平面に映る画像を見ているだけだから、奥行きがあるように見えていても、実際の目の動きは単純な動きだ。

 

焦点距離はずっと同じだし、身体もほとんど動かさないで済むため、脳の前頭葉をさほど使わないらしい。

 

なので、テレビを見続けたり、延々ゲームをし続けたり、パソコンに何時間も向かっていると、前頭葉が働かないのでボケるという。

 


スポンサードリンク

身体の悩み 教材人気ランキング 

★第1位★視力回復★たったの13分でよくなる視力回復法自宅トレーニングセット/メールサポート付

★第2位★障害★知識があれば軽くできる!大人のアスペルガーADHD改善マニュアル

★第3位★腰痛★「福辻式」で腰痛軽減!腰痛改善ストレッチ

★第4位★女性薄毛★サイエ式女性の育毛発毛プログラム

★第5位★1日30分、薬に頼らず改善自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

★第6位★【M.R.M】吃音(どもり)改善プログラム

美容・バストアップ 人気プログラム

★第1位★バストアップ★最新版!皮絡リンパでバストアップ!大澤美樹監修ヒラクアップ

★第2位★バストアップ★自宅で出来る体型別/コース別バストアップ法「Hurry UP!!」

★第3位★【殿堂入り】日本一売れたバストアップDVD、大澤美樹片手間バストアップ

★第4位★二重まぶた★女性も男性も1日10分!イケてる自然な二重まぶた法

★第5位★小顔★男も女も瞬間!!鼻が高くなる&小顔に輪郭小顔矯正法

脚やせ・ダイエット 人気プログラム

★第1位★脚やせ★1日2分!読者モデルもマイナス5cm、大澤美樹のスリムレッグラボ

★第2位★エステ顔負けの全身「美」痩せ術!大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット

★第3位★男には男のダイエット日本人男性専用トレーニング

★第3位★若返り★1日3秒で20歳若返るスローストレッチダウンエイジング

このエントリーをはてなブックマークに追加