首回りの年齢サイン、どうやって防ぐ?

デコルテゾーンの年齢サインは、歳をとった事を示す嫌なサイン。

 

若い人には滅多に出来ない、年寄り特有の首元のシワ。

 

歳をとった事が一番分かりやすいのは肌の状態で、さらにそれがハッキリするのが、首のシワって事らしい。

 

女性の場合、デコルテゾーンと呼ばれる首の下の周辺は「魅せる」ゾーンだから、ここにシワが出来るともう「歳取ってますね」という感じになってしまう。

 

ところが女性の場合は、胸元が大きく開いたドレスも多いし、ネクタイをすることはあまりないので、顔を見ると首からデコるてゾーンまで、しっかり見られてしまう。

 

そこで中年になる前のちょっとした首元のシワでも、気になってしまうわけですね。

 

男性だって、首の周りにシワが出来たりもしますが、襟付きのシャツを着て、ネクタイでも締めれば、殆ど気になりません。

 

ここが男女で大きく認識が分かれるところかも。

 

ネクタイの色は気になっても、首元のシワなんて、歳を相当とるまではどうってことはないしね。

 

でも、ちょっとしたシワだけでも気になるのに、どうすれば良いんでしょう。

 

首元のシワ対策の方法

 

シワというのは簡単に言うと、肌の表面に出来た凹みなんですが、シワが出来る原因は、紫外線などの刺激。

 

これによって皮膚の一部がダメージを受けて、ハリを失います。

 

そこでマッサージをしたりして肌の新陳代謝を促せば、張りが保たれるわけですが、歳をとるとそういうわけにもいきません。

 

というのも二十歳前後では、肌はおよそ4週間くらいで入れ替わります(ターンオーバー)。

 

ところが三十前後になると、これが6週間かかってしまいます。

 

四十になると、さらに8週間かかるようになり、五十歳になるとターンオーバーに10週間くらいかかるのです。

 

それくらい新陳代謝が遅くなってしまうので、首元のシワはドンドン深く深くなっていきます。

 

 


 

となると、まずシワをそれ以上深くしないように、肌を引っ張って伸ばして固定しないといけない。

 

放っておくと、シワがドンドン深くなりますしね。

 

そしてシワが深くならないように固定するのと同時に、肌の潤いを取り戻す成分も、送り込む必要があります。

 

応急処置的に肌を固定して、ターンオーバーを待つわけですね。

 

ということで、今回紹介するのは、首のシワ対策に特化した化粧品の、ネックエステミストです。

 

サッとミストを吹きかけるだけの<簡単>首のシワケア ネックエステミスト

表皮・土台だけに留まらず、肌へ悪影響を及ぼす紫外線にまでも目を受け、ぬかりなくアプローチ。

 

未体験のハリと潤いを与えるため、首のケアだけのために開発した首元エイジングケア『ネックエステミスト』

ある年代にさしかかると、若いときには感じたことのない年齢サインを “首”から感じている方が多いのが実情です。

 

それはなぜか? 理由は簡単。誰もが首に年齢サインが現れるとは思っておらず、ケアを怠っているから。

 

まさに“首”は、あらゆる女性にとっての盲点なのです。

 

首の皮膚構造に合わせ、成分配合をした首のエイジングケア商品『ネックエステミスト』を開発いたしました。
ネックエステミスト

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

広告