肌の新陳代謝は、若い頃の半分になる

肌は老化がわかりやすい部分である。

 

というのも20代の半ば頃から、肌に細かなシワが出てくるようになり、肌にたるみが出てくるからだ。

 

まだ子供だった14歳頃には、皮膚はたった14日で生まれ変わっていたが、それが24歳を過ぎるくらいになるともう、28日と倍近くもかかってしまう。

 

つまり新陳代謝が穏やかになるため、日々の暮らし方はなんら変わっていないのに、皮膚のダメージが回復できずに、子供の頃の弾力のある肌が失われていくわけだ。

 

さて人間の皮膚には、

  • 表皮(ひょうひ)
  • 真皮(しんぴ)
  • 皮下脂肪
という三つの層があるのだが、このそれぞれで老化が進み、様々な形で現れてくる。

 

まず肌の老化は、「小じわ」や「チリメンじわ」から始まる。

 

小じわやチリメンじわとは、目元や口元にできる、小さなシワのことで、動く部分の近くにできるシワである。

 

肌の老化はまず、目元や口元にでるってことだね。

 

この小じわやチリメンじわは、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが老化して、弾力がなくなることで見えてくるものだという。

 

コラーゲンというのはタンパク質の短い繊維なのだが、これに架橋構造といって、いくつもの橋が架かる。

 

たくさんのコラーゲン繊維の間に、たくさん橋が架かることによって弾力が生まれるわけだ。

 

ところがここに砂糖や炭水化物の取り過ぎで余ったブドウ糖が、別の新しい橋を架けてしまって糖化という現象が起こる。

 



甘い飲み物やスイーツが、肌のシワの原因になる

肌の老化には、色んな段階がある。

 

まず最初に現れるのが、目の周辺にできる細かなチリメンじわ、口元にできる小じわだ。

 

高齢のお年寄りを見ると、目元も口元もシワだらけだが、これが目につきだすのが老化の始まりだ。

 

目の下あたりにできる、細かい布目のようなチリメンじわ、口元にできる小じわと、ほうれい線のたるみ。

 

これらのシワは、目や口が動くことによってできるもので、子供の頃はコラーゲンが、ずっと押し返してくれていて、若い頃には見えなかったシワなのである。

 

ところが目元や口元のコラーゲンが弾力を失い、水分量も減ってくるため、目につくようになってくるのだ。

 

このコラーゲンの弾力を失わせる原因が、甘い飲み物やスイーツなどの炭水化物の取り過ぎによる「糖化」である。

 

甘いものや炭水化物を食べると血糖値、すなわち血液中のブドウ糖濃度が上がり、肌のコラーゲンもブドウ糖と反応するチャンスが増える。

 

これによってコラーゲンが糖化され、弾力を失うのだ。

 

正常なコラーゲンは、タンパク質の短い繊維の間に、たくさんの橋が架かって弾力を作っているのだが、ブドウ糖がコラーゲンと反応すると別の橋ができる。

 

この橋は、同じ架橋であっても弾力を失うように橋が架かるので、それでコラーゲンは弾力がなくなってしまうのだ。

 

そうして目元口元の細かいシワを押し返せなくなり、目元や口元にそのまま小じわとして現れてしまう。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加